これでTOTOトイレの手を洗う水がでないトラブルが解決したよ

トイレの手洗い管(トイレタンクの上にある手を洗う水が出るところ)から水が出ないと、手を洗えなくて不便ですし、場合によってはタンク内への給水ができず次から水が流せなくなってしまいます。手洗い管の水が出ないトラブルは、自分で部品交換することで解決できる場合があるのでやってみるのも一つの手です。今回は、TOTOトイレの手を洗う水が出ないトラブルを自力で解決する方法を解説します。

 

トイレのタンクに水がたまる仕組み

どのような部品を交換するかわかりやすくするために、トイレタンク内でどのように水がたまるかを解説します。

 

レバーハンドルを回すと鎖に引っ張られてフロートバルブ(ゴムフロート)が持ち上がり、タンク内の水が便器に流れます。タンク内の水が流れ切るとフロートバルブが自重で閉まります。
タンクの水が減るとボールタップの浮き玉が下がり、ボールタップのバルブから給水が始まります。水位が上昇するとボールタップの浮き玉も上がって、バルブが閉まり給水が止まります。

 

手洗い管トラブルのキーアイテム!ダイヤフラムってどんな部品?

TOTOトイレの手洗い管トラブルを解消するための重要な部品が、ダイヤフラムです。

ダイヤフラムとは、1999年以降に製造されたTOTOのタンク式トイレに使用されている、トイレ内の空気圧の調整を行う部品のことです。上記のタンク内のボールタップはダイヤフラムにより作動していることが多いです。ダイヤフラムによって水を出したり止めたりすることができます。ダイヤフラムはゴム製のパッキンの部品なので、長期間の使用等でこのゴム部が摩耗、破損するとタンク内の給水機能に支障が出て手洗い管の水が出なくなることがあります。
TOTOのダイヤフラムはおおよそ5年から10年が寿命のようなので、長年同じダイヤフラムを使用している場合は手洗い管のトラブルが生じやすくなります。ダイヤフラムを交換することで、手洗い管トラブルが解消できる可能性があります。

 

ダイヤフラムの交換方法!

ダイヤフラムを自分で交換する手順を解説します。

①止水栓を閉める
止水栓の位置を確認し、マイナスドライバーで右方向に止まるまで回します。その後、タンク内の水を流します。
この時しっかりと止水栓を閉めておかないと、のちの作業で水が噴き出して家財がぬれたり家が浸水したりするおそれがあるので、閉めたことをきちんと確認しましょう。

②タンクのふたを外す
タンクのふたを開けて内部を確認します。
このとき、浮き玉レバーの付け根がタンク中心にあることを確認してください。浮き玉レバーの付け根が向かって右か左にある場合、ご家庭でのダイヤの交換は難しいので専門業者に相談してください。

 

③ボールタップカバー・浮き玉レバーを外す

ボールタップカバーがセットされている場合は外してください。
浮き玉レバーの根本をつまみながら持ち上げて外します。

 

④ナットを外す
ボールタップを手で支えながら、ナットを手で左に回して外します。

⑤ダイヤフラムを外す
ダイヤフラムをつまんで取り外します。

⑥ダイヤフラムを交換する
新しいダイヤフラムを取り出し、クリーニングピンが出てくることを確認します。

クリーニングピンがセットされていないと、水量調節がうまくいかずに止水不良になったり水が噴き出すおそれがあります。
確認出来たら、新しいダイヤフラムをボールタップの切り欠きの形に合うように差し込みます。

 

⑦外したものを元に戻す
・ナットを手で右に回して閉めます。
・浮き玉レバーを取り付けます。このとき浮き玉レバーの両方の突起がカチッというまで差し込んでください。
・ボールタップカバーがある場合はセットします。
・タンクのふたを元に戻します。
⑧止水栓を開ける
マイナスドライバーで左に回して止水栓を開けます。
タンクに給水させて、水が止まることを確認します。

 

TOTOダイヤフラムの適合

トイレタンクの種類によって購入すべきダイヤフラムが異なるので、参考情報を記載します。
1999年以降に製造された次の品番のトイレタンクにはダイヤフラムが使用されています。
トイレタンクに向かって右側に洗浄レバーがあるトイレ(タンク形状に丸みのあるピュアレストEX等を除く)はTOTOの「TH405S」または「HH11113」品番のダイヤフラムを購入してください。
左側に洗浄レバーがあるトイレタンクには適合しないためご注意ください。
購入決定はご自分でも確認されてからお願いいたします。

TOTOトイレタンク品番
SH30BA、SH30BAK、SH31BA、SH31BAK、SH32BA、SH32BAK、SH33BA、SH33BAK、
SH80BA、SH80BAK、SH81BA、SH81BAK、SH90BA、SH90BAK、SH91BA、SH91BAK、
SH92BA、SH92BAK、SH93BA、SH93BAK、SH350BA、SH350BAK、SH351BA、SH351BAK、
SH370BA、SH370BAK、SH371BA、SH371BAK、SH380BA、SH380BAK、SH381BA、SH381BAK、
SH390BA、SH390BAK、SH391BA、SH391BAK、SH474BA、SH474BAK、SH475BA、SH475BAK、
SH560BAK、SH561BAK、SH564BA、SH564BAK、SH565BA、SH565BAK、
SH670BA、SH670BAK、SH671BA、SH671BAK、SH680BA、SH680BAK、SH681BA、SH681BAK、
SJ80BABF、SJ80BAKF、SJ81BABF、SJ81BAKF、SJ475BBBF、SJ475BBKF、
SJ476BBAFK、SJ476BBKF、SJ477BBAFK、SJ477BBAFP、SJ477BBKF、
SJ726BBAFK、SJ726BBAFP、SJ726BBAFP、SJ727BBAFK、SJ727BBAFP、SJ727BBKF、
SS125BABF、SS125BAKF、SS370BABF、SS370BAKF、SS371BABF、SS371BAKF、
SS380BABF、SS380BAKF、SS381BABF、SS381BAKF、SS390BABF、SS391BABF など

 

難しいときはプロにご相談を!

ご家庭でもできる手洗い管のトラブル解消方法を解説しましたが、場合によってはトラブルの原因がダイヤフラムのみではなく複合的なもので、解決が難しい場合もあります。また、ご紹介した手順の中においても、「部品がうまく外れない」「外した部品が元に戻らなくなってしまった」といった困りごとが起きることもあり得ます。そのようなときに無理に解消しようとすると、トイレタンク内を破損してしまったり、水漏れを起こしてしまったりと二次災害を起こしてしまう可能性があります。
困ったときには、無理をせずに水回りのプロにご相談することをおすすめします。ご家庭で対応できない時はせひ当社の修理サービスをご利用ください。

 


洗面・風呂・洗濯 水漏れ修理 排水つまり 各種工事
トイレ 水漏れ修理 トイレつまり 故障の修理
配管・水道管 水漏れ修理 パイプ交換 排水管高圧洗浄
ガス給湯器の交換
水道業者が行うトイレの臭い対策クリーニング

お気軽にお問い合せください。0120-994-887 営業時間 8:00 ~ 20:00 年中無休(年末年始を除く)
写真送信メールフォーム


対応地域

東京都

足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・葛飾区・北区・江東区・杉並区・墨田区・台東区・練馬区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・新宿区・文京区・港区・目黒区・渋谷区・世田谷区・品川区・大田区・西東京市・武蔵野市・三鷹市・国分寺市・小金井市・調布市・府中市・小平市・国分寺市・国立市・立川市・東久留米市・東村山市・清瀬市・東大和市・狛江市・稲城市・多摩市・日野市・八王子市・町田市

埼玉県

さいたま市・三郷市・吉川市・八潮市・草加市・川口市・越谷市・春日部市・蕨市・戸田市・和光市・朝霞市・志木市・新座市・富士見市・ふじみ野市・川越市・狭山市・所沢市・三芳町・蓮田市・上尾市・杉戸町・宮代町・白岡市・幸手市・久喜市・加須市・羽生市・桶川市・北本市・鴻巣市・行田市・鶴ヶ島市・坂戸市・東松山市・日高市・入間市・熊谷市・深谷市

千葉県

松戸市・流山市・柏市・市川市・船橋市・千葉市・野田市・鎌ヶ谷市・我孫子市・習志野市・白井市・八千代市・印西市・四街道市・佐倉市・八街市・富里市・山武市・横芝光町・匝瑳市・東金市・大網白里市・茂原市・市原市・袖ケ浦市・木更津市・成田市・浦安市

神奈川県

横浜市・川崎市・藤沢市・茅ヶ崎市・鎌倉市・座間市・大和市・相模原市(緑区を除く)・綾瀬市・厚木市・海老名市・伊勢原市・平塚市

茨城県

水戸市・那珂市・日立市・ひたちなか市・笠間市・小美玉市・石岡市・土浦市


採用情報・登録募集

水道職人および職人見習い募集 ※要普通運転免許
緊急水道メンテナンス 協力業者・協力者募集
クロス張り替え 室内クリーニング協力業者・協力者募集


投稿

ページログイン投稿
ページ上部へ戻る